借入利率の低さが魅力的な楽天ローン

キャッシングを利用するシーンとしては、急な出費に対して立て替える手段として使うといった事が考えられます。限度額が設定されていますが、その限度額までであれば、何度でも融資が受けられるのがキャッシングを使うメリットです。しかし、毎回利息が発生しますので、これがユーザーにとっては負担になります。出来るだけ利息を減らしておく事が負担軽減のポイントとなります。

http://www.insight-gnss.org/

楽天ローンは、借入利息が実質年率1.9%から14.5%と設定されており、他社の融資サービスと比較して借入利率が低めに設定されています。楽天銀行の口座を持っていれば、直ぐに楽天ローンを使う事も出来ますので、契約後に融資を早く受けたいのであれば、楽天銀行の口座を用意しておいても良いでしょう。

キャッシングの審査の基準について考える

キャッシングについて思い出したことがあります。

プロミス

ある銀行のATM機で自分の口座の残高を確かめていたときに、自分だったらどれくらいキャッシングができるのかを確かめてみたことがあります。ATM機のパネルで試してみただけですが・・。

その金額が多いのか少ないのか、当時の私には判断ができませんでした。しかしそのころに見たテレビ番組で同じくらいの年齢のタレントさんが私と同じようにATM機で自分がキャッシングできる額を確かめたという話をしていて、そのときに出た金額が私よりも少なかったのがびっくりでした。そのタレントさんは当時けっこう売れていた人です。

キャッシングの審査の基準は、自分自身が思っているのとは違うのかもしれません。

銀行カードローンの申し込みの際には自動融資機能の契約は慎重に!

銀行カードローンは、ATMからの借り入れおよび返済だけでなく、自動融資機能が設定されていることがあります。http://www.zebulonlives.com/

この機能は、口座残高が不足した場合、引き落とし不能となること防いでくれるというメリットがあります。

しかし、自動融資機能は知らず知らずのうちに利用されてしまうため、無駄に利息を発生させてしまう要因となります。

水道光熱費などの引き落とし不能であれば、個人信用情報にも影響が無いため、自動融資によるメリットはほとんどないと言え、利用するのであれば金融事故となってしまう支払いがある場合の方がメリットとなります。ですが、自動融資機能を契約している方は無駄に利息を支払わないよう知らないうちに融資を受けていないか定期的にチェックするのが重要です。