キャッシングの審査の基準について考える

キャッシングについて思い出したことがあります。

プロミス

ある銀行のATM機で自分の口座の残高を確かめていたときに、自分だったらどれくらいキャッシングができるのかを確かめてみたことがあります。ATM機のパネルで試してみただけですが・・。

その金額が多いのか少ないのか、当時の私には判断ができませんでした。しかしそのころに見たテレビ番組で同じくらいの年齢のタレントさんが私と同じようにATM機で自分がキャッシングできる額を確かめたという話をしていて、そのときに出た金額が私よりも少なかったのがびっくりでした。そのタレントさんは当時けっこう売れていた人です。

キャッシングの審査の基準は、自分自身が思っているのとは違うのかもしれません。

銀行カードローンの申し込みの際には自動融資機能の契約は慎重に!

銀行カードローンは、ATMからの借り入れおよび返済だけでなく、自動融資機能が設定されていることがあります。http://www.zebulonlives.com/

この機能は、口座残高が不足した場合、引き落とし不能となること防いでくれるというメリットがあります。

しかし、自動融資機能は知らず知らずのうちに利用されてしまうため、無駄に利息を発生させてしまう要因となります。

水道光熱費などの引き落とし不能であれば、個人信用情報にも影響が無いため、自動融資によるメリットはほとんどないと言え、利用するのであれば金融事故となってしまう支払いがある場合の方がメリットとなります。ですが、自動融資機能を契約している方は無駄に利息を支払わないよう知らないうちに融資を受けていないか定期的にチェックするのが重要です。