おからと玄米と私 ~手軽な健康法~

 20代後半頃から、生理前になると吹き出物が出現するようになった。普段はそれほどひどい肌荒れはないのだが、吹き出物ができると「ああそろそろかな…」と思う。

ビハキュアの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

 まだニキビと呼んで差し支えなかった学生時代は、しょっちゅう肌が荒れていた。大学生になり、スキンケアの知識を学んでからは肌荒れが軽減したが、やはり今と比べるとゆらぎがちだった。

 肌の状態が安定するようになったのは、睡眠時間と食生活に気を配るようになってからである。なるべく甘い物は食べない、便秘を予防する、肌に良い野菜を積極的に摂取する、最低でも6~7時間は睡眠時間を確保する、など。中でも最も効果があったと実感したのは、便秘を予防する事だ。

便秘で激しい腹痛を起こして病院に行った経験があるくらい、かつての私はひどい便秘持ちだった。思い返せば、その頃は慢性的な肌荒れを繰り返していた。それを劇的に改善してくれたのが、おからと玄米だ。今やこれらは私の健康を維持するために欠かせない食材である。

 玄米には食物繊維だけでなく鉄分やビタミン類、亜鉛なども含まれている。貧血に悩む人にぜひおすすめしたい。私の母も貧血持ちだったが、玄米のおかげですっかり改善したと言っていた。

 また、おからも玄米同様に食物繊維が多い。しかも便秘に対して即効性がある。ただし、食べ過ぎるとお腹がゆるくなる可能性があるので、一日50gほどが適量だ。おから特有のぼそぼそした食感が苦手な人は、お菓子の材料にしてもいいかもしれない。スーパーや豆腐屋で購入できるので、もし興味があればお試し下さいませ。