シミそばかすは対策は若いころからするべき

20代半ばになり両頬にあるそばかすが目立ってきた。

と言うよりかは、その年になってようやく肌の変化に気づきだした。

学生時代は日焼け止めのあの独特の質感が苦手で、毎日太陽の日差しを浴びるというのに全くの無対策で過ごしていた。

日焼け止めを塗る時間が無駄とさえ思っていた。どうせ焼けるものは焼けるし、なんなら適度に焼けていたほうが夏を謳歌した気分になる、と。

http://manonohlala.com/

そして若いころは肌トラブルも少なく、肌に水分も多かったので

ケアが必要などとは全く感じていなかった。

しかしそれは間違いだと、この年になってようやく気づくこととなる。

シミやそばかすは出てくるとそう簡単には消えない。

鼻筋などにできた小さいものはそばかすとしてまだ可愛げがあるが

頬骨の端にできたものは年齢をより上に見せる。少なくとも筆者はそれで悩んでいる。

シミを隠そうとファンデーションを重ねれば重ねる程、化粧は濃くなってしまうし

肌への負担も手間も掛かる。つまりシミはできてしまってからではなく、できる前に万全に対策するほうが重要なのだ。

筆者はあまりにも気になって仕方がないシミ部分は美容皮膚科でレーザー治療をしてもらったが、当然お金もかかかる。

そうならないためにも学生のようなまだ肌が健康で負担の蓄積が浅いころから

こまめに日焼け止めを塗り、日差しを浴びた後は化粧水などの水分でクールダウンし、

UV対策をしておくことをお勧めしたい。